フリーランスエージェントとは?仕組みやサービス内容について解説

フリーランスエージェントとは何か、フリーランスエージェントのサービス内容や仕組み、種類について解説していきます。

1.フリーランスエージェントとは

フリーランスエージェントとは、主に業務委託案件を獲得したいフリーランスの代わりに企業に対して営業を行い、案件の紹介から契約締結及び業務期間中のサポートを行ってくれるサービスやその運営会社のことです。

フリーランスエージェントは、フリーランスへ案件を紹介するのがメイン業務のため、案件を豊富に持っているのが特徴です。

2.フリーランスエージェントのサービス内容

具体的なサービス内容は、下記の通りです。

  • 希望案件の紹介
  • クライアント企業との面談セッティングと面談同席
  • スキルシートや経歴書の添削またはアドバイス
  • 契約書類の準備
  • 契約の代行またはサポート
  • 仕事中の業務や待遇等に関する相談
  • 仕事中のトラブル対応
  • 契約更新の代行及びサポート
  • 請求処理の代行及びサポート
  • 確定申告のサポート
  • 単価、条件面の交渉
  • 福利厚生の提供

細かいサービス内容は、フリーランスエージェントによって異なりますが、おおむね上記のようなサービスを提供しています。

3.フリーランスエージェントの仕組み

フリーランスエージェントの仕組みについて解説していきます。

案件紹介までの仕組みと契約や支払いの流れに関する仕組みは下記の通りです。

①:案件紹介の仕組み

フリーランスエージェントは、フリーランスとクライアント企業の希望条件がマッチした場合に、フリーランスへ案件を紹介します。

フリーランス、フリーランスエージェント、クライアント企業、3者間の案件紹介までの仕組み
登録
フリーランスは、紹介して欲しい案件の希望条件を登録します。
営業
フリーランスエージェントは日頃から営業活動を行い、企業からの案件をたくさん預かっています。
案件
フリーランスを必要としている企業は、フリーランスエージェントに対して条件にマッチするフリーランスを紹介してもうよう依頼を出します。
紹介
フリーランスエージェントは、フリーランスと企業のマッチングを行い、条件がマッチした案件をフリーランスに紹介します。

②:契約と支払いの仕組み

フリーランスとクライアント企業の契約が完了した場合、フリーランスエージェントはクライアント企業から手数料を受け取ることで収益をあげています。

フリーランス、フリーランスエージェント、クライアント企業、3者間の契約と支払いの仕組み
契約
フリーランスは、フリーランスエージェントと契約を行い、フリーランスエージェントは企業と契約を行います。
仕事
フリーランスは、クライアント企業の案件に参画して仕事を行います。
支払(報酬+手数料)
企業はフリーランスエージェントに対して、フリーランスの仕事に対する報酬とフリーランスエージェントへの手数料を支払います。
支払(報酬)
フリーランスエージェントはフリーランスに対して、月ごとに仕事の報酬を支払います。

上記以外に、フリーランスとクライアント企業が直接契約を結び、報酬もクライアント企業から直接フリーランスへ支払われるような仕組みをとるフリーランスエージェントも存在します。

4.フリーランスエージェントの種類と特徴

フリーランスエージェントには、ITエンジニアの案件を専門に扱うエージェントやクリエイター案件を専門に扱うエージェントなど、様々な特徴や強みを持ったエージェントが多数存在します。

フリーランスエージェントの種類の一例は下記の通りです。

  • IT系のエンジニア案件が豊富なフリーランスエージェント
  • WEB系のエンジニア案件が豊富なフリーランスエージェント
  • デザイナー・クリエイター案件が豊富なフリーランスエージェント
  • 週2~4案件が豊富なフリーランスエージェント
  • リモート案件が豊富なフリーランスエージェント
  • 副業向けの案件が豊富なフリーランスエージェント
  • スタートアップ企業の案件が豊富なフリーランスエージェント
  • シニア向けの案件が豊富なフリーランスエージェント